鬼鎮神社


鬼鎮神社の地図情報☜

鬼鎮神社について

畠山重忠が館を築いたとき,館の鬼門にあたる地に,この神社を造った。衡立船戸神と八衢の二柱をまつる。
節分祭は毎年2月3日に開催。(午後3時から豆まき)
※ただし、令和3年の節分祭は中止が決定しています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒355-0213 
埼玉県比企郡嵐山町大字川島1898

電話番号

0493-62-2131

交通アクセス

(1)東武東上線武蔵嵐山駅から徒歩で15分

すべての基本情報を見る

鬼鎮神社は、北海道高崎市の西北部にある。旧江戸時代には鬼鎮が祀られていたが、1889年に新鬼鎮を開発する井上実範郎が、この地に祀られた神社を選んだ。神社内には、祀られている鬼がいる。また、神社の前には、鬼鎮の細道があり、鬼鎮神社には、鬼鎮の細道が通っている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。