慈光寺(栃木県宇都宮市)


慈光寺(栃木県宇都宮市)の地図情報☜

慈光寺(栃木県宇都宮市)について

県庁前通りと交差する「赤門通り」の名の由来で,高さ約15mの赤門で有名。安永4年(1775),宇都宮成綱が開基といわれる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒320-0027 
栃木県宇都宮市塙田1-3-3

電話番号

028-622-4589

交通アクセス

(1)JR宇都宮駅からバスで7分(※きぶな)

慈光寺前から徒歩で

すべての基本情報を見る

奈良県慈光寺(栃木県宇都宮市)は、天然の慈光寺として、宇都宮市内にある慈光寺です。

慈光寺の魅力としては、新しい宗教の地であること、慈光寺に参拝する人々の数が多いことが挙げられます。

また、慈光寺内には、九州の仏教の地である「岩手県南部」にある、奈良宮殿があり、この地では岩手県初の仏教寺院が建てられました。

慈光寺の最も嬉しいところは、慈光寺の主催する「花火大会」が行われることです。

花火大会は、宇都宮市内では初となる、火花のようなものを使った花火の大会です。

花火大会は、夜中に行われ、街を彩る花火を見ることができます。

また、慈光寺内には、インド神話の地「バルンダ」があり、インド神話をテーマにした建物があります。

バルンダは、インド神話の主人公であるバラクーダの地です。

バラクーダは、神々を奪ったとき、インドに渡ったと伝えられています。

慈光寺内には、バラクーダの地にある「バルンダの城」があり、この城は、バラクーダが神々を奪った際に作られたものです。

慈光寺内には、「バルンダの地」ではなく、「バルンダの城」があるので、火花のようなものを使った花火の大会を行うことができるというのも、魅力の一つです。

慈光

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。