赤城神社の地図情報☜

赤城神社(神楽坂)について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒162-0817
東京都新宿区赤城元町1-10電話番号

神楽坂赤城神社(かぐらざかあかぎじんじゃ)は、東京都新宿区に位置する歴史ある神社で、神社の歴史は古く、平安時代に創建されたとされています。以下は、楽坂赤城神社の詳細と観光情報です:

神社の歴史と概要

神楽坂赤城神社は、古くは平安時代に創建されたとされ、その後、鎌倉時代には現在の地に移されたと言われています。当初は、赤城山(群馬県)の神である赤城姫命を祀る分社として創建されました。この神社は、特に開運や縁結び、厄除けにご利益があるとされ、長年にわたり地域住民に信仰されてきました。

2009年に大規模な再建が行われ、その際には有名な建築家である隈研吾氏が設計を担当しました。伝統的な神社建築の要素を取り入れつつも、現代的でシンプルなデザインが特徴となっています。この再建により、古い歴史と新しいデザインが融合したユニークな空間が誕生しました。

詳細な見どころ
1. 隈研吾設計の社殿:
— 再建された社殿は、木材とガラスを多用したシンプルでモダンなデザインが特徴です。伝統的な神社建築とは一線を画し、訪れる人々に新鮮な驚きを与えます。

2. 境内の自然:
— 境内には小さな庭園や豊かな緑が広がっており、都会の喧騒を忘れさせる静けさが漂っています。特に春には桜が咲き誇り、美しい景観を楽しむことができます。

3. お守りと御朱印:
— 赤城神社では様々なご利益をもたらすお守りを授与しています。縁結びや開運、厄除けなど、自分に合ったお守りを選ぶことができます。また、美しいデザインの御朱印も人気があり、多くの参拝者が訪れます。

参拝情報
アクセス:
— 東京メトロ東西線・神楽坂駅から徒歩1分の距離にあり、非常に便利な立地です。また、東京メトロ有楽町線・江戸川橋駅からも徒歩8分でアクセス可能です。
拝観時間:
— 神社の境内は24時間開放されており、自由に参拝することができます。ただし、社務所の営業時間は通常9:00~17:00となっていますので、御朱印の授与やお守りの購入はこの時間内に行うと良いでしょう。

年間行事とイベント
1. 赤城神社例大祭:
— 毎年9月に行われる例大祭は、神楽坂の一大イベントとなっています。神輿が町内を練り歩き、地元の人々や観光客で賑わいます。露店も多数出店し、お祭り気分を存分に楽しむことができます。

2. 七五三:
— 11月には、子どもの成長を祝う七五三の参拝が行われます。晴れ着を着た子どもたちとその家族が参拝に訪れ、賑わいを見せます。

3. その他の年間行事:
— お正月には初詣、節分祭、夏祭りなど、様々な行事が行われています。これらの行事は地域住民に親しまれており、多くの参拝者が訪れます。

観光情報
1. アクセス:
— 東京メトロ東西線・神楽坂駅から徒歩1分
— 東京メトロ有楽町線・江戸川橋駅から徒歩8分

2. 拝観時間:
— 神社境内は24時間自由に参拝可能ですが、社務所の営業時間は通常9:00~17:00です。

3. 見どころ:
— 隈研吾設計の社殿:伝統的な神社建築とは一線を画す、シンプルでモダンなデザイン。
— 境内の自然:小さな庭園や緑豊かな環境が整っており、都会の喧騒を忘れさせてくれる静寂があります。
— お守りと御朱印:様々なご利益のお守りや、美しい御朱印をいただくことができます。

4. イベント:
赤城神社例大祭:毎年9月に行われる例大祭は、地元の人々や観光客で賑わい、神輿や露店が出る盛大なお祭りです。
— 七五三:11月には、子どもの成長を祝う七五三の参拝が行われます。

5. 周辺観光:
神楽坂:赤城神社の周辺には、風情ある石畳の道やおしゃれなカフェ、レストランが立ち並び、散策や食べ歩きが楽しめます。
— 毘沙門天善國寺:同じく神楽坂にある歴史ある寺院で、観光スポットとしても人気です。

神楽坂赤城神社は、伝統と現代が見事に融合した魅力的な場所であり、神楽坂の散策と併せて訪れることで、さらに充実した観光体験ができるでしょう。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。