光厳寺(東京都あきる野市)


光厳寺(東京都あきる野市)の地図情報☜

光厳寺(東京都あきる野市)について

足利尊氏が創建したこの寺院にあるヤマザクラは、東京都の三大巨樹といわれており、東京都の天然記念物にも指定されています。4月にはおよそ400年の樹齢を誇るこの桜が満開に花を咲かせ、訪れる人々の目を楽しませてくれます。また、東京都指定重要文化財である「木造釈迦如来坐像」も保存されています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒190-0173 
東京都あきる野市戸倉328

電話番号

交通アクセス

(1)武蔵五日市駅から10分(「戸倉」バス停下車、徒歩約10分)

すべての基本情報を見る

この厳寺は、明治5年(1887年)に建立された。

その厳寺の名称は、「和泉寺」。

和泉寺は、平安時代に日本の祖先がこの地に住んでいたと考えられている。

そのため、厳寺には、日本の祖先の像や祭壇が建てられている。

その他にも、厳寺内には、日本の伝統的な建築物が多数掲載されている。

その他にも、厳寺内には、自然の中でも特別な地域として知られている場所がある。

また、厳寺内には、神社がある。

その神社は、堂島神社で、厳寺の原型となった。

堂島神社は、平安時代に、和泉寺の地下室に建てられた。

その目的は、地下室に置かれた祭壇に、堂島神社が祈られることを拒否した伝統的な神社である。

厳寺内には、道具屋がある。

その道具屋は、厳寺内に、道具を扱う商店がある。

その他にも、厳寺内には、様々な場所がある。

例えば、厳寺内には、食堂がある。

また、厳寺内には、宗教施設がある。

その中でも、特に、神話に登場する神々を祀るとともに、日本の伝統的な宗教施設である。

その他にも、厳寺内には、自然が恵まれているとこ

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。