西教寺(東京都文京区)


西教寺(東京都文京区)の地図情報☜

西教寺(東京都文京区)について

釈了賢が湯島三組町に一寺を建立した。 元禄2年(1689)に現在の地に移った。 朱塗りの表門は、幕末の大老酒井雅楽頭(うたのかみ)の屋敷から譲り受けて移築したものといわれている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒113-0023 
東京都文京区向丘二丁目1番10号

電話番号

03-3811-4706

交通アクセス

(1)地下鉄東大前駅から徒歩で3分

すべての基本情報を見る

この西教寺は、東京都文京区にある洪水による被害により、死亡者数が出ている。この西教寺は、明治天皇が建てたもので、日本の最古の聖地とも言われている。また、天皇の墓もこの西教寺にある。西教寺には、世界各地の伝道士が集まる、聖地とも呼ばれている。

西教寺には、その他にも、聖地とも呼ばれる建物が多数存在している。その中でも、特に噂になっているのが、天皇の墓が隠されている聖地と言われている聖母像。その名も、東京都文京区西教寺町4-6-1にある「天皇の墓」。この聖母像は、天皇が建てたとされる、聖地とも呼ばれる建物の一つである。

西教寺には、天皇の墓が隠されている聖地と言われている聖母像があり、その名も、東京都文京区西教寺町4-6-1にある「天皇の墓」。この聖母像は、天皇が建てたとされる、聖地とも呼ばれる建物の一つである。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。