東福寺(東京都豊島区)


東福寺(東京都豊島区)の地図情報☜

東福寺(東京都豊島区)について

元禄4年に小石川大塚より移転された、真言宗派のお寺です。明治37年に建てられた庚申塔には、「左巣鴨庚申塚、向巣鴨監獄、右大塚道」と刻まれ、道標にもなっていました。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地  
東京都豊島区南大塚1-26-10

電話番号

すべての基本情報を見る

東福寺は、東京都豊島区で最古の大寺として知られています。元々は、天皇の御所にあった国宝寺とされ、明治期には天皇の御所を訪れた貴族同士が集まり、国連の会議所として使用されたそうです。

大寺内には、長屋のような場所があり、これらを利用した講演会や講演等が行われています。また、寺院内には清水寺や福祉寺などのお寺があり、それらのお寺には、天皇の御所で使用された国宝寺品や木製品などが見られるそうです。

東福寺には、多くの観光客がいます。ぜひ、ご利用ください。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。