三十三間堂(蓮華王院)


三十三間堂(蓮華王院)の地図情報☜

三十三間堂(蓮華王院)について

妙法院の境外仏堂で、南北約120mの本堂内陣の柱間が33あることから三十三間堂と呼ばれる。丈六千手観音坐像、1000体の等身大千手観音立像、風神・雷神像、二十八部衆像など多数の国宝、重文の文化財を有する。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

受付時間:11月16日

所在地 〒605-0941 
京都府京都市東山区三十三間堂廻町657

電話番号

075-561-0467

交通アクセス

(1)JR京都駅から市バスで10分(100・206・208系統「博物館三十三間堂前」下車すぐ)

(2)京阪七条駅から徒歩で7分

(3)JR京都駅から自転車で7分(PiPPAシェアサイクル)

すべての基本情報を見る

この堂は、仏教の中でも高い信仰力を誇る寺院で、十三間堂とも呼ばれている。十三間堂は、蓮華王院にある大きな堂で、建てられたのは1592年。その後、十三間堂の中央には、大きな寺院の階段がつくられている。十三間堂には、長い歴史がある。その中でも、特に注目すべきは、慈悲の寺院である大和堂、武道の寺院、恩師の寺院などである。

十三間堂は、仏教の中でも高い信仰力を誇る寺院で、十三間堂とも呼ばれている。十三間堂は、蓮華王院にある大きな堂で、建てられたのは1592年。その後、十三間堂の中央には、大きな寺院の階段がつくられている。十三間堂には、長い歴史がある。その中でも、特に注目すべきは、慈悲の寺院である大和堂、武道の寺院、恩師の寺院などである。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。