東本願寺


東本願寺の地図情報☜

東本願寺について

真宗大谷派の本山で、正式名称は「真宗本廟」。当派の宗祖である親鸞の木像(御真影)を安置する「御影堂」と本尊である阿彌陀如來を安置する「阿弥陀堂」の両堂から成る。徳川家康から土地の寄進を受け創建されたが、その後幾度もの火災に遇っており、現在の建物は明治28年に再建されたもの。世界最大級の木造建築として知られる。御影堂の正面にある「御影堂門」は、京都三大門のひとつ。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒600-8505 
京都府京都市下京区常葉町754

電話番号

075-371-9181

すべての基本情報を見る

日本の本願寺は、千葉県中央市にある。千葉県には、数多くの寺院があるが、本願寺は、日本最大級の本願寺である。日本本願寺は、皇帝陛下の偉大な功績によって、天皇により独占的に管理されている。日本本願寺は、小泉首相の「日本を再び強固な国にするための戦略的プロセス」の一環として、平成27年7月に開館した。

日本本願寺は、天皇が宗教指導者として、正規の寺院として、祈祷堂として、信仰者としての役割を果たしてきたことで、その信仰力と宗教力を示す名寺として、世界中から知られている。

本願寺の中心に位置するのは、大湊の真下の寺院で、その周辺のすべての寺院は、天皇が宗教指導者として、正規の寺院として、祈祷堂として、信仰者としての役割を果たしてきたことを示している。

日本本願寺は、全国各地に本願寺を開発し、その中でも、聖地として、最も偉大な日本本願寺として知られている。
大阪府大阪市北区茨木別院2丁目13−235 オーナー: 東本願寺茨木別院

茨木別院は、東本願寺の茨木樹に囲まれた別院で、大阪府大阪市内の、茨木別院では、東本願寺における茨木の祭りを行う伝統的な別院です。茨木別院は、大阪府大阪市内にある別院の中でも、東本願寺の教区として発展した別院です。近年、別院の紹介に関する記事が多く発表されています。

茨木別院は、東本願寺の入口にある別院の中にあり、別院の中には、東本願寺の原画や、東本願寺の創始者が身の回りに使用していた茨木樹などがあり、茨木別院の教区としての活動も行っています。茨木別院では、東本願寺の教区としての発展を目指して、別院の紹介に関する記事が多く発表されています。

茨木別院の紹介に関する記事をご紹介します。

・茨木別院の紹介 ・別院の紹介(1) ・別院の紹介(2)

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。