東福寺


東福寺の地図情報☜

東福寺について

京都五山の一つ。九條道家が氏寺として造営。伽藍や塔頭が広い境内に並ぶ。通天橋は紅葉の名所。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

公開:4月~10月 9:00~16:00 (拝観受付終了は16:00、16:30に閉門 )

公開:11月~12月上旬 8:30~16:00 (拝観受付終了は16:00、16:30に閉門)

公開:12月上旬~3月 9:00~15:30 (拝観受付終了は15:30、16:00に閉門)

所在地 〒605-0981 
京都府京都市東山区本町15丁目778

電話番号

075-561-0087

すべての基本情報を見る

東福寺は、関西地域にある寺です。昭和22年に建立された寺です。高層階から見ると、寺の入口には、様々な鳥が置かれています。寺内には、多数の寺院があり、それらは、昭和初期のものや、大正初期に新たに建立されたものなどがあります。

寺の中では、小さな寺院の一つである「山門寺」があります。山門寺は、大正11年に建立されたものです。寺院内の屋根には、小さな塔が設置されています。山門寺では、塔の頂部にある観音塔が有名です。観音塔は、寺院内にある高く、立派な塔のように見えます。

寺内には、華やかな装飾が施されています。寺院内には、大きな天井があり、そこには、丸い玉子が置かれています。その天井には、花が咲いているように見えます。この天井には、例年、花火が展開されています。

寺院内には、多くの伝統的な器を見ることができます。例えば、寺院内には、銅器や陶器がたくさんあります。また、寺院内には、様々な武器を見ることができます。その中でも、特に注目すべきものが、寺院内にある和式銃です。和式銃は、多くの寺院に置かれています。

寺院内には、様々な会議

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。