高野山 金剛峯寺


高野山 金剛峯寺の地図情報☜

高野山 金剛峯寺について

高野山真言宗の総本山。壮大な玄関をもつ建物は文久3年(1863)の再建。主殿は東西三十間、南北三十五間の大建築で、大広間には狩野探幽の襖絵「松に群鶴」が、豊臣秀次自刃したという柳の間には狩野探斎による「雪柳白鷲」が描かれている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

公開:8:30~17:00

休業:無休

所在地 〒648-0211 
和歌山県伊都郡高野町高野山132

電話番号

0736-56-2011

交通アクセス

(1)高野山駅からバスで10分(大門行きバス「本山前バス停」下車すぐ。)

すべての基本情報を見る

金剛峯寺は、関西地域にある金剛峯の寺院で、元々は白山寺として祀られていた。江戸時代には関西の王室・貴族階級から受け継がれるほか、国際宗教連合の会員でもあったという。

金剛峯寺は、高野山を中心に様々な峰を挟んでいる。寺院内は、入口にある大門にて、高野山の山頂に向かって右側にある展望台がある。寺院内には、本殿、霊堂、清水寺、福島寺、大社、大殿、清水殿、八坂塔、八坂塔霊園がある。

大門から、清水寺、福島寺、大殿、清水殿、八坂塔、八坂塔霊園の5つの地域に分かれている。清水寺は、寺院内にある清水湖に囲まれている。福島寺は、寺院内の外側にある福島市に囲まれている。大殿は、清水寺と福島寺の間にある。清水殿は、寺院内の清水殿にある。八坂塔は、寺院内の上部にある。八坂塔霊園は、寺院内の下部にある。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。