仁和寺


仁和寺の地図情報☜

仁和寺について

宇多天皇が落髪入寺した寺。真言宗御室派本山で門跡寺院。広い境内に金堂や御影堂がたつ。遅咲きの御室桜は有名。宿坊:御室会館 Tel 075-464-3664

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

公開:3月

公開:12月

所在地 〒616-8092 
京都府京都市右京区御室大内33

電話番号

075-461-1155

交通アクセス

(1)京都駅 26番にて約40分

(2)京阪三条駅 10番・59番にて約40分

(3)阪急大宮駅 26番にて約30分

(4)阪急西院駅 26番にて約25分

すべての基本情報を見る

池田町の県立芸術劇場「芸術劇場劇場」では、映画『真夏の夜の夢』を上演中。

2012年5月に完成した新設のステージで、上演中の映画『真夏の夜の夢』は、現在も話題となっている。

そんな『真夏の夜の夢』を上演中の芸術劇場劇場では、まずはその原作となる小説を読んでみてはいかがでしょうか。

小説『真夏の夜の夢』は、高校2年生の藤沢洋樹が、寺に通う運命を描いています。

寺には、夢を追いかける者がいます。その夢を見る者は、運命を変えることができると信じています。

そんな藤沢洋樹の作品の中でも、原作となった小説『真夏の夜の夢』の中で、特に印象的なシーンがあります。

その原作となった小説『真夏の夜の夢』ですが、そのシーンのある章では、藤沢洋樹が寺の中で、寺院の中にある大きな書き物の前に立ち、その大きさに感動しています。

その書き物が、寺院の中にある大きな漆器です。

藤沢洋樹は、大きさに感動しているのですが、漆器の中には、藤沢洋樹が描いた夢の話が書かれています。

そんな藤沢洋樹の作品の中で、原作となった小説『真夏の夜の夢』の中で、特に印象的なシーン

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。