法隆寺


法隆寺の地図情報☜

法隆寺について

法隆学問寺とも、斑鳩寺とも称する南都七大寺の一つ。木造建築物では世界最古であり、ユネスコの世界文化遺産に姫路城とともに、日本ではじめて登録された。推古天皇の時代に聖徳太子により建立され、飛鳥時代を始めとする各時代の貴重な建造物や宝物類が広大な境内に存在している。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:2月22日~11月3日 8:00~17:00 入場は閉門の30分前まで

拝観時間:11月4日~2月21日 8:00~16:30 入場は閉門の30分前まで

所在地 〒636-0115 
奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1

電話番号

0745-75-2555

交通アクセス

(1)法隆寺駅から徒歩で20分

(2)法隆寺駅からバスで5分(法隆寺門前バス停下車すぐ)

すべての基本情報を見る

法隆寺は、日本の最古の経済文化遺産とされている。法隆寺は、源流を求めて日本の地域を旅する者達にたどり着いた場所である。

法隆寺は、関西地域にある寺院の中でも、最も古いとされている。その寺院の中でも、特に法隆寺寺院の中には、日本の国樹となった大樹が植えられている。

また、法隆寺は、日本の国歌や伝統芸能など多くの芸術祭に出品されている。その中でも、法隆寺で演奏される日本の伝統曲「風の谷のナイト」は、国民的な歌となっている。
法隆寺は、日本の大名寺とも呼ばれ、日本最古の寺院。関西地域にある八重塔の一つで、明治24年に最大限の寺院を建設した。法隆寺は、大正天皇の寺院となった。日本の伝統文化を基調とした寺院で、様々な要素が融合している。また、法隆寺には、日本の寺院にはない、夢殿がある。夢殿は、天皇が寺院に入る際に、見た夢を記録したという。夢殿は、法隆寺の中央にあり、天皇の寺院としての役割を果たしている。

法隆寺は、関西地域にある八重塔の一つで、明治24年に最大限の寺院を建設した。法隆寺は、大正天皇の寺院となった。日本の伝統文化を基調とした寺院で、様々な要素が融合している。また、法隆寺には、日本の寺院にはない、夢殿がある。夢殿は、天皇が寺院に入る際に、見た夢を記録したという。夢殿は、法隆寺の中央にあり、天皇の寺院としての役割を果たしている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。