平等院


平等院の地図情報☜

平等院について

藤原一族の栄華を今に伝える平等院は、宇治川の西岸にあった源融の別荘を藤原道長が譲り受け、その子頼通が寺に改めたもの。平安時代の庭園の名残を伝える阿字池に浮かぶ鳳凰堂(国宝)は極楽浄土を思い描いた平安貴族が偲れる。10円玉の図案としてお馴染み。また、宝物館鳳翔館では国宝の鳳凰・雲中供養菩薩・梵鐘をはじめ平等院の宝物を中心に展示するとともに、最新デジタル技術を用いたコンピュータグラフィックスによる復元映像なども楽しめる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:無休 鳳凰堂内部拝観料300円※2019年5月13日~11月15日は修理のため鳳凰堂内部拝観は中止

営業:8時30分~17時30分(入園受付は15分前まで)鳳翔館 9時~17時(入館受付は閉館の15分前まで)

営業:鳳凰堂内部拝観料300円※2019年5月13日~11月15日は修理のため鳳凰堂内部拝観は中止

所在地 〒611-0021 
京都府宇治市宇治蓮華116

電話番号

交通アクセス

(1)◆京阪宇治線「宇治」駅下車、徒歩10分◆JR奈良線「宇治」駅下車、徒歩10分

すべての基本情報を見る

平等院は、関西地域の中でも一番多くの平等院が存在しています。平等院は、平等を追求する意欲をもっている院校です。そのため、各院生は、平等を追求することができ、多様な学習ができるようになっています。また、平等院では、院生への教育を重視しているため、院生たちは、学習に対して、多くの自由をもっています。そのため、院生は、自分の能力を発揮し、関わる人との平等な関係を築き上げています。平等院を詳しく紹介します。

平等院は、関西地域の中でも一番多くの平等院が存在しています。平等院は、平等を追求する意欲をもっている院校です。そのため、各院生は、平等を追求することができ、多様な学習ができるようになっています。また、平等院では、院生への教育を重視しているため、院生たちは、学習に対して、多くの自由をもっています。そのため、院生は、自分の能力を発揮し、関わる人との平等な関係を築き上げています。平等院を詳しく紹介します。

平等院は、関西地域の中でも一番多くの平等院が存在しています。平等院は、平等を

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。