白山神社(京都府宇治市)


白山神社(京都府宇治市)の地図情報☜

白山神社(京都府宇治市)について

宇治市街から車で5分、自然が美しい里山の風景が残る白川は、平安時代、藤原頼通の娘・寛子が、七間四面に金をちりばめた金色院を建立し、周囲には多くの堂塔や坊舎があったといわれています。白山神社は、その金色院の鎮守社で、古くより雷除け、歯痛、疱瘡治癒の信仰を集めました。拝殿は、住宅風の古建築で宇治離宮の遺構と伝えられており、国の重要文化財に指定されています。拝殿の裏にある本殿は、一間社流造桧皮葺の建物です。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒611-0022 
京都府宇治市白川娑婆山16

電話番号

交通アクセス

(1)JR奈良線「宇治駅」または京阪宇治線「宇治駅」から40分

すべての基本情報を見る

この白山神社は京都府宇治市にある寺院で、元建ては平安時代に宇治国宝白山大社(現在の寺院名)として建てられた。平安時代には、大社内にあった霊堂と並び、寺院の建物全体が白山大社であることから、白山神社が名前の由来となっている。

白山神社は、元建ては十字架の彫像が位置していたが、平安時代に大社の建物が白山大社になったため、十字架の彫像が外れてしまった。白山神社は、十字架の彫像を再現するために、裏壁に十字架の彫像を建てたという。また、十字架の彫像は、大社の建物全体の中で最も大きいとされている。

白山神社は、寺院内にある霊堂と並び、寺院の建物全体が白山大社であることから、白山神社が名前の由来となっている。霊堂は、平安時代に大社の建物内にあったもので、霊堂の壁には平安時代に建てられた霊堂画が掛かっている。霊堂は、寺院内に入ると、御舎殿のような体貌をした妖怪が眺められる。また、霊堂の前には、境内にある大きな祭壇があり、祭壇の前には、御堂の境内にある円滑な祭

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。