愛宕神社(京都府亀岡市)


愛宕神社(京都府亀岡市)の地図情報☜

愛宕神社(京都府亀岡市)について

元愛宕と呼ばれ、全国の愛宕神社の総本宮ともいわれています。
火防の神を祀り、毎年4月24日には鎮火祭が行われます。本殿は鎌倉時代の造営で、国の重要文化財に指定されています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒621-0003 
京都府亀岡市千歳町国分南山ノ口1

電話番号

0771-23-9341

交通アクセス

(1)JR嵯峨野線亀岡駅からふるさとバスで10分(国分下車)

すべての基本情報を見る

愛宕神社は亀岡市の神社で、明治初期には神宮として機能していたが、昭和初頭には愛宕寺として改称された。宮廷ではなく、人々のために神社を建てることを目指していることから、建築美としての美しさが認められている。

愛宕寺は、大正天皇によって、愛宕神社として寺院として使用されることを決めたもの。その後、愛宕神社には多くの仏像が置かれている。

愛宕神社には、天皇陛下の地に位置する僧院のような寺院としての使用もあるが、大正天皇の誕生日には、寺院としての使用を中止した。

愛宕神社は、亀岡市の中心地にあるとともに、その近くには大正天皇陛下の地に位置する僧院もある。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。