南禅寺


南禅寺の地図情報☜

南禅寺について

日本の禅寺のなかで最も高い格式を誇り、京都五山の上におかれる別格扱いの寺であった。歌舞伎にもある石川五右衛門の伝説で有名な三門など,堂塔伽藍が並ぶ。方丈庭園(名勝)は小堀遠州作の「虎の子渡し」と呼ばれ、江戸初期の代表的な枯山水庭園。予約をすれば、座禅などの体験も出来、南禅会館にて宿泊もできる。
2層からなる三門は高さが22mもある。国宝の方丈は、大方丈と小方丈からなっており、ともに狩野元信や狩野探幽ら狩野派の筆による襖絵がみられる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

公開:12月

非公開日:12月28日

所在地 〒606-8435 
京都府京都市左京区南禅寺福地町

電話番号

075-771-0365

交通アクセス

(1)JR京都駅から市バスで30分

(2)地下鉄東西線蹴上駅から徒歩で10分

(3)JR京都駅から自転車で27分(PiPPAシェアサイクル)

すべての基本情報を見る

南禅寺は、関西地域で最も古く、15世紀に頃から建立された寺です。南禅寺は、宗教活動が盛んな地域の中でも特に高い受容率を誇っています。寺内には、長い廊があり、その先には、様々な殿があります。寺内は、江戸時代には、道路で横断されていたため、人が集まりやすかったと言われています。

南禅寺は、関西地域の中でも特に高い受容率を誇っています。寺内には、長い廊があり、その先には、様々な殿があります。寺内は、江戸時代には、道路で横断されていたため、人が集まりやすかったと言われています。南禅寺は、関西地域の中でも特に高い受容率を誇っています。寺内には、長い廊があり、その先には、様々な殿があります。寺内は、江戸時代には、道路で横断されていたため、人が集まりやすかったと言われています。
・詳細情報はこちら

http://www.shingyouden.jp/en/information/detail/1130

・光雲寺は、南禅寺の真ん中にある寺院で、禅僧の姿は見られません。

・寺院の前には、霊塔があり、その向こうには、南禅寺の地下室があります。

・光雲寺は、南禅寺の地下室に入ると、光雲の霊塔があり、その霊塔の前には、南禅寺では最も古くから祈られている聖なる石の前に、大きな石の間に、霊水が流れています。

・霊水は、南禅寺では、宗教の中心になっていると言われています。

・南禅寺の地下室に入ると、その先に、太陽と月があり、その先に、霊塔があります。

・その霊塔の前には、観光客のために、お湯を注いでくれるところがあり、その先には、観光客が泳いでいる水の中があります。

・その中には、南禅寺の精神面で重要なものを祈っている人たちが泳いでいるところがあります。
日本の天授庵では、祈りの中でも最も重要なものとされている。塔頭にある天授庵は、山の標の上に建されたもので、天の川と花の川が隣接している。この授庵は、徳川幕府中期に建てられたもので、明治27年(1892年)に天授庵が元号を変えられた。

天授庵内には、主に祈りのための祭壇があり、また、天授庵の一階には、天授庵内にある祈祷器や祭壇などを使った祭りを行うための会場が用意されている。また、天授庵の地下には、祈りのための祭壇と祭壇を使った祭りが行われる場所が用意されている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。