西芳寺


西芳寺の地図情報☜

西芳寺について

奈良時代に行基が開創し、1339年に夢窓疎石を迎えて再興した。池泉回遊式庭園は心の字の形の黄金池を囲んでおり、特別名勝となっている。寺は120余種の苔で覆われ「苔寺」とも呼ばれている。銀閣寺を建てるとき、足利義政が庭や建物を見本にした美しい寺だ。幕末に岩倉具視が隠れ住んだ湘南亭(重要文化財)があり、1994年には「古都京都の文化財」として「世界遺産条約」に基づく世界文化遺産に登録された。本堂の宗教行事(写経等)を中心としたものが参拝であるとの考えから、庭園だけの拝観は行わない。参拝は事前に往復はがきで申し込みが必要。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:拝観は事前に往復はがきで申込が必要

所在地 〒615-8286 
京都市西京区松尾神ヶ谷町56

電話番号

交通アクセス

(1)京都駅から、京都バス73系統もしくは83系統乗車、「苔寺 鈴虫寺」行き 終点の「苔寺 鈴虫寺」下車徒歩2~3分(乗車時間約1時間)

(2)JR嵯峨嵐山駅から、タクシーで約10分

すべての基本情報を見る

西芳寺は、関西地域の中でも高い地域性能を持つ霊園です。

本寺は、13世紀後半に建立されたもので、霊園としての機能を有しています。

霊園内には、西芳寺の看板の中央にある祖母霊像があり、

この祖母霊像は、関西地域でも最も古い霊園として知られています。

また、西芳寺内には、様々な霊像が置かれています。

例えば、西芳寺内の中央には、天使霊、悪魔霊、龍霊などが置かれています。

また、西芳寺内の中央には、太陽の光が当たる場所もあり、

この場所では、霊園内で最も多くの人が集まるという特徴があります。

西芳寺は、関西地域の中でも高い地域性能を持つ霊園です。

本寺は、13世紀後半に建立されたもので、霊園としての機能を有しています。

霊園内には、西芳寺の看板の中央にある祖母霊像があり、

この祖母霊像は、関西地域でも最も古い霊園として知られています。

また、西芳寺内には、様々な霊像が置かれています。

例えば、西芳寺内の中央には、天使霊、悪魔霊、龍霊などが置かれています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。