鹿苑寺(金閣寺)


鹿苑寺(金閣寺)の地図情報☜

鹿苑寺(金閣寺)について

昭和62年(1987)の大修理でいっそう輝きを増し、北山文化の象徴として国内外に知られる名刹。足利義満が応永4年(1397)西園寺家の山荘を譲り受け、義満の死後、鹿苑寺と名付けられた。金閣は舎利殿として立てられた金箔の三層楼閣が鏡湖池に映える。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

公開:9:00~17:00

その他:※年中無休 ※特別拝観時は時間が異なることもありますのでご注意ください。

所在地 〒603-8361 
京都府京都市北区金閣寺町1

電話番号

交通アクセス

(1)JR京都駅から市バスで40分

(2)JR京都駅から自転車で40分(PiPPAシェアサイクル)

すべての基本情報を見る

鹿苑寺は、関西地域の中でも高級な寺院です。当時、関西の高級な寺院として知られていました。

鹿苑寺は、金閣寺とは異なり、細部にこだわりを意識したデザインが特徴です。

鹿苑寺の寺院内には、大きな霊廟があります。この霊廟は、大正12年(1912年)に建立されました。

鹿苑寺には、多くの観光客が訪れます。また、鹿苑寺は、関西地域における、宗教、文化、歴史についての知識を持った人々の訪問にも有効な寺院です。

鹿苑寺には、夜間の霧が降り注ぐため、写真撮影やビデオ撮影ができます。

鹿苑寺には、徒歩3分の路地があり、寺院内には、豪華な食事が出来ます。また、寺院内には、高級な服品を販売しています。

鹿苑寺は、関西地域における、高級な寺院です。当時、関西の高級な寺院として知られていました。

鹿苑寺は、金閣寺とは異なり、細部にこだわりを意識したデザインが特徴です。

鹿苑寺の寺院内には、大きな霊廟があります。この霊廟は、大正12年(1912年)に建立されました。

鹿苑寺には、多くの観光客が訪れま

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。