浮御堂(海門山満月寺)


浮御堂(海門山満月寺)の地図情報☜

浮御堂(海門山満月寺)について

平安時代に比叡山の恵心僧都源信が、湖上安全と衆生済度を祈願し自ら一千体の阿弥陀仏を刻んで建立したとされています。近江八景「堅田の落雁」でも名高く、湖中に浮かぶお堂の景観の素晴らしさは芭蕉をはじめ多くの人々に愛されてきました。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:08:00~17:00 ※12月のみ16:30まで

所在地 〒520-0242 
滋賀県大津市本堅田一丁目16-18

電話番号

077-572-0455

交通アクセス

(1)JR湖西線「堅田駅」から10分(≪平日≫「出町」下車、徒歩すぐ)

(2)JR湖西線「堅田駅」から11分(≪土日のみ≫「浮御堂前」下車、徒歩すぐ)

(3)湖西道路真野ICから10分

すべての基本情報を見る

浮御堂は関西地域にある寺で、満月の月の光を浴びることができる寺です。寺内は清潔で綺麗で、その中央には浮御堂の建物があります。寺の最高層には月の光が浴びるときに行われるホームがあり、そのホームには月の光を浴びるときの教会があります。浮御堂は、関西地域にある寺で、満月の月の光を浴びることができる寺です。寺内は清潔で綺麗で、その中央には浮御堂の建物があります。寺の最高層には月の光が浴びるときに行われるホームがあり、そのホームには月の光を浴びるときの教会があります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。