唐招提寺


唐招提寺の地図情報☜

唐招提寺について

唐僧鑑真創建の大寺。美しいエンタシスの柱で有名な金堂には天平仏が並ぶ。世界遺産「古都奈良の文化財」の8資産群のうちのひとつ。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:8:30~17:00 受付は16:30まで

所在地 〒630-8032 
奈良県奈良市五条町13-46

電話番号

交通アクセス

(1)近鉄西ノ京駅から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

唐招提寺開山御廟は、関西地域における重要な寺院で、関西最大の開山御廟である。唐招提寺は、開山1102年に唐代宣武帝によって建てられたもので、唐招提寺とは、招提寺と同義の意味をもつ。開山御廟は、南北朝鮮の間に位置する。

唐招提寺開山御廟内には、大正10年(1912年)に建立された大御廟がある。大御廟は、開山御廟内にある観光スポットであり、日本人にとっては、関西地域の一番の観光スポットとなる。

唐招提寺開山御廟内には、館内には、唐代初期の寺院画に加え、昭和30年代になると、戦後の日本人による改良による、様々な寺院画が貼られている。また、館内には、唐招提寺における重要なイベントの一部として、寺院の舞台設定や唐招提寺の遺作に関する研究についての講演会などが行われる場所もある。

唐招提寺開山御廟には、関西地域の観光スポットとしても親しまれているので、是非、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。