永観堂(禅林寺)


永観堂(禅林寺)の地図情報☜

永観堂(禅林寺)について

回廊で結ばれた諸堂が並ぶ。古来より紅葉の名所として名高く、みかえり阿弥陀如来(重文)も有名。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

公開:9:00~17:00(拝観受付終了は16:00)

所在地 〒606-8445 
京都府京都市左京区永観堂町48

電話番号

075-761-0007

すべての基本情報を見る

伝統的な寺院で、日常の生活や修行に役立てられる場としても知られている、禅林寺。禅を学んだ人々が集うことで、多くの寺院が誕生したという。

寺院は、様々な形をしており、聖堂や霊堂、祭壇、清浄な聖地などがある。また、心を開き、真摯な修行を行うための教会などもある。

禅林寺の中でも特に愛威あるものとして、「永観堂(禅林寺)」がある。この寺院は、明治14年(1876)に建立され、現在も修行に励まされている人々を対象とした僧侶の静寂を体験できる場所で、日本で最も古く、最大級の観覧室である。

永観堂は、最大級の観覧室である。入口には、大きな玉座があり、寺院内には豊富な天井装飾が施されている。観覧室には、2006年に建てられた新たな観覧スペースがあり、1866年から建設が進められている。

寺院内には、大きな玉座があり、天井装飾が施されている。観覧室には、新たな観覧スペースがあり、建設が進められている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。