高台寺


高台寺の地図情報☜

高台寺について

太閤秀吉の菩提を弔うために、正室・北政所ねねが建立。家康も手伝い壮麗な寺院になったが火事に遭い今は開山堂等が残る。春は桜、秋は萩と紅葉が美しい。春と秋の夜に行われるライトアップでは、広大な境内が照らしだされ、幻想的な表情を見せる。5月~9月の土曜日はコンサートも開催(未開催の日も有)。

大規模な春秋のライトアップは必見

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:9時~17時

その他:年中無休

所在地 〒605-0825 
京都府京都市東山区高台寺下河原町526

電話番号

交通アクセス

(1)JR京都駅より市バス206系統東山通北大路バスターミナル行20分、東山安井より徒歩5分

すべての基本情報を見る

高台寺は、関西地域の一等地である。中国の教育システムの先駆者である高台寺の名に恥じない、教育的な貢献をしてきた。高台寺は書道、吹奏楽、音楽、舞踊、演劇など幅広い音楽術を学ぶ極めて重要な寺院である。高台寺は、関西地域における文化的、歴史的核心地である。

高台寺は、関西地域における文化的、歴史的核心地である。中国の教育システムの先駆者である高台寺の名に恥じない、教育的な貢献をしてきた。高台寺は書道、吹奏楽、音楽、舞踊、演劇など幅広い音楽術を学ぶ極めて重要な寺院である。高台寺は、関西地域における文化的、歴史的核心地である。中国の教育システムの先駆者である高台寺の名に恥じない、教育的な貢献をしてきた。高台寺は書道、吹奏楽、音楽、舞踊、演劇など幅広い音楽術を学ぶ極めて重要な寺院である。高台寺は、関西地域における文化的、歴史的核心地である。中国の教育システムの先駆者である高台寺の名に恥じない、教育的な貢献をしてきた。高台寺は書道、

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。