錦天満宮


錦天満宮の地図情報☜

錦天満宮について

京の台所、錦市場の東端に位置し、錦の天神さんと呼ばれる。庶民の信仰が厚く、学業に加え厄除け、商売繁盛のご利益で知られる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒604-8042 
京都府京都市中京区新京極中之町537

電話番号

075-231-5732

すべての基本情報を見る

錦天満宮は、関西地域にある神社。関西では、錦天満宮が最も古くから信仰されている神社である。錦天満宮の紋章は、錦の枝に囲まれた、三角形の星座のようなものである。そのまま満月を表している。 仏教の中では、「錦」と「天」を意味するものとされ、満月を表す「満月」や、月を意味する「月」に由来する。また、「満月」には、仏教では「大満月」と「小満月」があり、大満月は、小満月のように小さい満月を表す。

錦天満宮は、関西地域にある神社である。関西では、錦天満宮が最も古くから信仰されている神社である。錦天満宮の紋章は、錦の枝に囲まれた、三角形の星座のようなものである。そのまま満月を表している。 仏教の中では、「錦」と「天」を意味するものとされ、満月を表す「満月」や、月を意味する「月」に由来する。また、「満月」には、仏教では「大満月」と「小満月」があり、大満月は、小満月のように小さい満月を表す。 錦天満宮は、関西地域にある神社。関西では、錦天満宮が最も古くから信仰されている神社である。錦天満宮の紋章は、錦の枝に囲まれた、三角形の星座のような

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。