六道珍皇寺


六道珍皇寺の地図情報☜

六道珍皇寺について

「六道さん」の名で知られる臨済宗建仁寺派の寺院。境内には小野篁が冥土へ通ったと伝わる井戸がある。堂内の拝観は事前申し込みが必要。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

受付時間:霊供養はお盆期間中を除き毎日受付。供養は13時、15時

拝観時間:特別拝観 9:30~16:30 ※ホームページでご確認下さい

所在地 〒605-0811 
京都府京都市東山区大和大路通四条下ル4丁目小松町595

電話番号

すべての基本情報を見る

日本一の七道珍皇寺として知られ、関西地域には七道珍皇寺と呼ばれる六道珍皇寺が数多くあります。

七道珍皇寺は、鎌倉時代に神奈川県出身の修行者・徳川幕府下にあたる大名・恵比寿の皇子・皇太子・妃太子5人が行き来した寺です。

恵比寿の皇子が、七道珍皇寺を訪れた際、この地に現れた白き猫・白き鳥を見つけたことがきっかけとなり、この地の名前が付けられたと言われています。

七道珍皇寺は、天皇陛下の持ち物として位置付けられ、皇太子が小柄であったため、皇后や若干の皇太子や妃太子の結婚式などに使用されてきました。

また、皇后の誕生日などには、七道珍皇寺に訪れることが多いようです。

七道珍皇寺は、仏教に基づく寺ですが、そのためには身分階層がありません。

六道珍皇寺は、関西地域には数多くあります。

六道珍皇寺は、川の水を引き抜いている寺です。

関西地域には、それぞれの寺に特有の特徴があります。

そのため、六道珍皇寺を訪れるときは、その寺を観光することができるようになってきました。

六道珍皇寺は、関西

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。