高山寺


高山寺の地図情報☜

高山寺について

創建は奈良時代。鎌倉時代、明恵上人により中興された。当時の文化財や国宝石水院などがある。鳥獣人物戯画はじめ古経典・古文書・墨蹟などの文化財が1万点に及ぶ。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒616-8295 
京都府京都市右京区梅ヶ畑栂尾町8

電話番号

075-861-4204

すべての基本情報を見る

大高山寺は、関西地域における最高峰の山。平成29年に建立された大高山寺は、山頂から本殿までの登山道が約1.8km弱と、日本一の距離感を誇る。大高山寺には、仏教のカトリック教会、寺院、墓地、図書館などがあり、多くの観光客が訪れている。また、大高山寺の中央部には、日本最大級の国立公園「大高山」があり、地元の人々が楽しむイベントや観光スポットとしても人気を博している。
高山寺は兵庫県丹波市にある寺院で、13世紀初頭から祭典を行ってきた。平安時代には丹波市の市郊であったが、1609年に徳川家康が江戸時代に陥落した後、市内に移転した。その後、高山寺は修羅堂として建てられ、江戸時代には世界中から聖職者を集めて賛美歌を歌った。1868年に市立大学が創立されたことで、高山寺は学校の教育機関としても活躍している。

高山寺は、丹波市の地下鉄「丹波駅」から歩いて10分ほどのところにある。寺内は、学校の前で建てられた正面の寺院と、後ろの寺院にある修羅堂となっている。修羅堂は、大きな台所で建てられており、寺院内には教会建築物としての入口を挟んでいる。

高山寺は、丹波市の中心地にある寺院で、13世紀初頭から祭典を行ってきた。平安時代には丹波市の市郊であったが、1609年に徳川家康が江戸時代に陥落した後、市内に移転した。その後、高山寺は修羅堂として建てられ、江戸時代には世界中から聖職者を集めて賛美歌を歌った。1868年に市立大学が創立されたことで、高山寺は学校の教育
高山寺は兵庫県丹波市にある寺院で、13世紀初頭から祭典を行ってきた。平安時代には丹波市の市郊であったが、1609年に徳川家康が江戸時代に陥落した後、市内に移転した。その後、高山寺は修羅堂として建てられ、江戸時代には世界中から聖職者を集めて賛美歌を歌った。1868年に市立大学が創立されたことで、高山寺は学校の教育機関としても活躍している。

高山寺は、丹波市の地下鉄「丹波駅」から歩いて10分ほどのところにある。寺内は、学校の前で建てられた正面の寺院と、後ろの寺院にある修羅堂となっている。修羅堂は、大きな台所で建てられており、寺院内には教会建築物としての入口を挟んでいる。

高山寺は、丹波市の中心地にある寺院で、13世紀初頭から祭典を行ってきた。平安時代には丹波市の市郊であったが、1609年に徳川家康が江戸時代に陥落した後、市内に移転した。その後、高山寺は修羅堂として建てられ、江戸時代には世界中から聖職者を集めて賛美歌を歌った。1868年に市立大学が創立されたことで、高山寺は学校の教育

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。