東天王岡崎神社


東天王岡崎神社の地図情報☜

東天王岡崎神社について

平安遷都の際、桓武天皇の勅命によって王城鎮護のために都の四方に建立された社の一つ。都の東に鎮座する事から「東天王」と呼ばれている。ご祭神は速素盞嗚尊と奇稲田姫命の夫婦神、その御子の三女五男八柱御子神を祀る。室町時代には将軍足利義政によって修造、幕府との縁が深い。神社一帯は野うさぎが生息し、多産なうさぎが氏神様の使いと伝えられる。安産の神、縁結びの神として厚く信仰され、厄除け祈願などの申込みも多い。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:9時~17時

所在地 〒606-8332 
京都府京都市左京区岡崎東天王町51番地

電話番号

交通アクセス

(1)バス:市バス 32番、203番、93番、204番「岡崎神社前」下車 / 市バス 5番「東天王町」下車 

(2)電車:京阪「神宮丸太町駅」下車 / 地下鉄東西線「蹴上駅」下車

すべての基本情報を見る

東天王岡崎神社は、関西地域で最も古く、古くから神話に登場する天王岡崎の神社です。天王岡崎神社は、元来、神々の姿を祀るために建てられていました。今日、神社内には、神話に登場する天王岡崎のお化け像、そして、岡崎の王冠が置かれています。

東天王岡崎神社には、関西地域で最も古く、古くから神話に登場する天王岡崎の神社の名称が掲載されています。

天王岡崎神社の名称は、「東天王岡崎神社」です。

天王岡崎神社の名称は、「東天王岡崎神社」です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。