宇治神社


宇治神社の地図情報☜

宇治神社について

宇治川沿いに建つ宇治神社は、平安時代創建と伝えられ、古くは離宮八幡宮(桐原日桁宮(きりはらひげたのみや))と称し、祭神は応神天皇の皇子莵道稚郎子(うじのわきいらつこ)とされている。三間社流造りの本殿(重文)は鎌倉時代に建立されたものだが、他にも木造狛犬や白色尉面など貴重な文化財が伝わっている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:無休 ご利益:学業上達

営業:拝観自由

営業:ご利益:学業上達

所在地 〒611-0021 
京都府宇治市宇治山田1

電話番号

交通アクセス

(1)◆京阪宇治線「宇治」駅下車、徒歩7分◆JR奈良線「宇治」駅下車、徒歩15分

すべての基本情報を見る

宇治神社は岸辺にある大型の寺院で、神話に登場する宇治という名の男性が祀られている。建てられたのは元々、神殿として用いられていた建物だったが、昭和10年に神殿の奥に建てられた新しい寺院である。

また、神社には宇治の墓があり、その墓は元々神殿の中にあったものだったが、昭和10年に墓を追加した。

宇治神社には多数の伝承文化があり、例えば、春分の記念碑、花火の記念碑、年輪の記念碑などがある。また、宇治神社には多くの寺院があるが、その中でも特に人気があるのは宇治神社だ。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。