東本願寺茨木別院


東本願寺茨木別院の地図情報☜

東本願寺茨木別院について

地元では「御坊さん」の愛称と巨大な伽藍でお馴染みです。400年の歴史が刻む教如上人開創の寺へ。
地元の人たちに「御坊(ごぼう)さん」の愛称で親しまれている浄土真宗大谷派の東本願寺茨木別院は、慶長8年(1603)、当時京都の七条烏丸に東本願寺を建立したばかりの教如上人によって開創された寺で、400年の歴史を誇ります。当時の茨木は西国街道の宿場町で、茨木城主の片桐且元が上人に城内の地を寄進して建立、教如上人は大阪に下向する際、常にこの地に宿泊したと伝えられています。現在の本堂は安永6年(1777)に建立されたもので教如証人の木像を安置しています。壮大な伽藍は茨木市最大です。山門から境内に入った右側にそびえる黒松は樹齢400年を数え、別院建立時に植樹されたといわれています。大正9年(1920)、第二十二代影如(句仏)上人が「弘誓の松」と命名し、茨木市の保存樹に指定されています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

休業:無休

所在地 〒567-0817 
大阪府茨木市別院町3-31

電話番号

0726-22-2903

交通アクセス

(1)阪急京都線「茨木市駅」下車すぐ

すべての基本情報を見る

大阪府大阪市北区茨木別院2丁目13−235 オーナー: 東本願寺茨木別院

茨木別院は、東本願寺の茨木樹に囲まれた別院で、大阪府大阪市内の、茨木別院では、東本願寺における茨木の祭りを行う伝統的な別院です。茨木別院は、大阪府大阪市内にある別院の中でも、東本願寺の教区として発展した別院です。近年、別院の紹介に関する記事が多く発表されています。

茨木別院は、東本願寺の入口にある別院の中にあり、別院の中には、東本願寺の原画や、東本願寺の創始者が身の回りに使用していた茨木樹などがあり、茨木別院の教区としての活動も行っています。茨木別院では、東本願寺の教区としての発展を目指して、別院の紹介に関する記事が多く発表されています。

茨木別院の紹介に関する記事をご紹介します。

・茨木別院の紹介 ・別院の紹介(1) ・別院の紹介(2)

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。