長岡天満宮


長岡天満宮の地図情報☜

長岡天満宮について

学問の神様・菅原道真公が大宰府に左遷されるとき名残を惜しんだ地として知られ、道真公を祭神としてまつっています。広大な境内には八条ヶ池が広がり、4月下旬には樹齢約170年のキリシマツツジが満開になります。燃えるような真紅に染まるキリシマツツジは、市指定の天然記念物となっています。もちろん、道真公が愛した梅も楽しめます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

受付時間:4月~9月 9:00~18:00

受付時間:10月~3月 9:00~17:00

所在地 〒617-0824 
京都府長岡京市天神二丁目15-13 長岡天満宮

電話番号

075-951-1025

交通アクセス

(1)阪急長岡天神駅から徒歩で10分

(2)JR長岡京駅から阪急バスで5分

開田下車から徒歩で2分

すべての基本情報を見る

長岡天満宮は、関西地域にある天然芝生植物の自然保護のための森林保護センター。1978年に設立されたセンターで、国連の森林生態系実態調査員によって指定されている。また、日本森林学会、日本森林協会など国内外の森林関係者によって、森林保護に関する研究・教育活動を行う。

長岡天満宮では、森林保護センターとしての活動の中心となる芝生植物の定着と教育を行っている。また、日本森林学会、日本森林協会など国内外の森林関係者によって、森林保護に関する研究・教育活動を行う。また、森林保護センター内には、森林学研究所(森林学部)、芝生植物研究所(芝生植物学部)があり、森林生態系実態調査員や森林関係者を活躍させる研究者が集まっている。また、日本森林学会、日本森林協会など国内外の森林関係者によって、森林保護に関する研究・教育活動を行う。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。