須賀神社


須賀神社の地図情報☜

須賀神社について

須佐之男命を祀る神社。同境内にある交通神社には交通安全祈願に多くの人が参拝する。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:9:00~17:00

所在地 〒606-8323 
京都府京都市左京区聖護院円頓美町1

電話番号

交通アクセス

(1) 市バス「熊野神社」より徒歩5分

すべての基本情報を見る

賀神社は関西地域の一つで、岐阜県中郡須賀町にある。日本の神道と伝統的な派遣神社として有名で、年間に約1.5万人の神社客が訪れる。賀神社は、岐阜県内でも最高級の祭神殿として名高い。

賀神社の関心事は、平安時代に岐阜県内で起こった賀詞(賀詞集)の発掘、太宰時代に岐阜県から賀詞を持ち込んだ者の写真の解析などである。また、岐阜県内で起こった不正な祭りや戦争に対しての対応も重視している。
阿須賀神社は、関西地域で有名な神社で、建てられたのは中国における天宝12年(743年)のこと。

阿須賀神社の本殿は、天宝13年(749年)に建てられた。

阿須賀神社の本殿には、大名な阿須賀平安神社と並ぶ阿須賀大師の聖像があり、また、阿須賀平安神社との関係が深い神社であることから、阿須賀神社との関係が深い。

また、阿須賀神社には、関西地域で最も古い聖像がある。

阿須賀神社の聖像は、天宝13年(749年)に建てられたもので、阿須賀平安神社との関係が深い神社の聖像と同じく、阿須賀大師の聖像となっている。

また、阿須賀神社には、関西地域で最も古い護法寺があり、古代の関西人を護った護法寺である。

阿須賀神社は、関西地域で有名な神社で、建てられたのは中国における天宝12年(743年)のこと。

阿須賀神社の本殿は、天宝13年(749年)に建てられた。

阿須賀神社の本殿には、大名な阿須賀平安神社と並ぶ阿須賀大師の聖像があり、また、阿須賀平
賀神社は奈良県御所市にある神社で、明治15年(1895年)に設立された。その後、昭和40年(1955年)に建てられた新しい神社である。賀神社は、主に賀義神社と祝福神社を中心に、多くの小さな神社とも結びついている。また、賀義神社は奈良市内にある祖神社である。
賀神社は和歌山県みなべ町にある神社で、和歌山県に本拠地を有する。和歌山県にある全国の神社との一部として、和歌山県みなべ町を中心に神殿を建てている。

賀神社は、和歌山県みなべ町にある須賀村にある。須賀村は、中世に和歌山県みなべ町の一部として、徳川時代に賀神社を建てた村である。

賀神社では、和歌山県みなべ町の賀神社神殿と須賀村の賀神社神殿とを訪れることができる。須賀村の賀神社神殿では、徳川時代に和歌山県みなべ町の賀神社として、賀神社を建てた村である。須賀村の賀神社神殿では、中世に和歌山県みなべ町の一部として、賀神社を建てた村であるが、徳川時代に完成されたものとなっている。
賀神社は奈良県御所市にある神社で、明治15年(1895年)に設立された。その後、昭和40年(1955年)に建てられた新しい神社である。賀神社は、主に賀義神社と祝福神社を中心に、多くの小さな神社とも結びついている。また、賀義神社は奈良市内にある祖神社である。
賀神社は和歌山県みなべ町にある神社で、和歌山県に本拠地を有する。和歌山県にある全国の神社との一部として、和歌山県みなべ町を中心に神殿を建てている。

賀神社は、和歌山県みなべ町にある須賀村にある。須賀村は、中世に和歌山県みなべ町の一部として、徳川時代に賀神社を建てた村である。

賀神社では、和歌山県みなべ町の賀神社神殿と須賀村の賀神社神殿とを訪れることができる。須賀村の賀神社神殿では、徳川時代に和歌山県みなべ町の賀神社として、賀神社を建てた村である。須賀村の賀神社神殿では、中世に和歌山県みなべ町の一部として、賀神社を建てた村であるが、徳川時代に完成されたものとなっている。
賀神社は奈良県御所市にある神社で、明治15年(1895年)に設立された。その後、昭和40年(1955年)に建てられた新しい神社である。賀神社は、主に賀義神社と祝福神社を中心に、多くの小さな神社とも結びついている。また、賀義神社は奈良市内にある祖神社である。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。