延暦寺根本中堂


延暦寺根本中堂の地図情報☜

延暦寺根本中堂について

延暦寺では三塔即ち東塔・西塔・横川にそれぞれ中心となる仏堂があり、これを「中堂」と呼んでいますが、東塔の根本中堂はその最大の仏堂であり、延暦寺の総本堂となります。本尊は薬師如来です。延暦寺を開いた伝教大師最澄が延暦7年(788)に創建した一乗止観院(いちじょうしかんいん)が元であり、その後何回も災害に遭いましたが、復興の度に規模も大きくなりました。現在の姿は徳川家光公の命で寛永19年(1642)に竣工したものです。ご本尊の前には、千二百年間灯り続けている「不滅の法灯」も安置されています。建物は国宝に指定されています。廻廊は国重要文化財に指定されています。
※平成二十八年度から約十年をかけ大改修予定です。参拝は可能です。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:8:30~16:30 冬期は時間変更あり

所在地 〒520-0116 
滋賀県大津市坂本本町4220

電話番号

077-578-0001

交通アクセス

(1)JR比叡山坂本駅からバスで5分

坂本ケーブル乗場下車から坂本ケーブルで11分

ケーブル延暦寺駅下車から(徒歩すぐ)

(2)JR京都駅からバスで80分

延暦寺バスセンター下車から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

延暦寺根本中堂は、延暦寺とは異なる新派の寺院で、創立者である元長福寺長官の荻原英樹氏が率いる。

関西地域では、延暦寺根本中堂が一番多く存在する寺院である。

延暦寺根本中堂は、内部には千数百の寺院が構成されており、外部には聖地として指定された道の道路が数多く接続されている。

延暦寺根本中堂は、関西地域では最も古くから修行を続ける人々を対象とした寺院の一つである。

また、延暦寺根本中堂の寺院には聖地として指定された道の道路が数多く接続されているため、様々な国の聖者が寺院を訪れている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。