弘法大師御廟


弘法大師御廟の地図情報☜

弘法大師御廟について

高野山の中心聖地。弘法大師(空海)は自らこの地をご入定の場と定め、835年3月21日ご入定された。弟子たちは大師の定身をこの地の定窟に収め、その上に三間四面の廟を建て、日々の給仕を絶やさなかったと記録されている。「ありがたや 高野の山の岩かげに 大師はいまだ おわしますなる」の歌にもあるように、現在もここを訪れ祈る人が途絶えることがない。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒648-0211 
和歌山県伊都郡高野町高野山

電話番号

交通アクセス

(1)高野山駅からバスで25分(「奥の院前バス停」下車後、徒歩10分。)

すべての基本情報を見る

御廟は、元々は聖典の記述に使われた建物で、日本における聖地とされています。元々は江戸時代に天主教徒が作ったものでしたが、仏教徒が聖地として使用するようになり、その後に武士道時代には、戦場に近い場所で守られていたため、武士道時代には、守護神としての信仰を持つ人々が多く訪れていました。

大師の御廟は、元々は聖典の記述に使われた建物で、日本における聖地とされています。元々は江戸時代に天主教徒が作ったものでしたが、仏教徒が聖地として使用するようになり、その後に武士道時代には、戦場に近い場所で守られていたため、武士道時代には、守護神としての信仰を持つ人々が多く訪れていました。

大師の御廟は、元々は聖典の記述に使われた建物で、日本における聖地とされています。元々は江戸時代に天主教徒が作ったものでしたが、仏教徒が聖地として使用するようになり、その後に武士道時代には、戦場に近い場所で守られていたため、武士道時代には、守護神としての信仰を持つ人々が多く訪れていました。

大師の御廟は、元々は聖典の記述に使われた建物で、日本における聖地とされています。元々は江戸時代に天主教

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。