紀州東照宮


紀州東照宮の地図情報☜

紀州東照宮について

紀州初代藩主であり、徳川家康の第10子徳川頼宣が父家康を祀るために1621年(元和7年)に創建した権現造の神社。日光東照宮と同様、絢爛豪華な社殿内には左甚五郎作の緋鯉真鯉の彫刻や狩野探幽の襖絵があります。 朱塗の楼門をはじめ、拝殿、本殿など7棟が国の重要文化財に指定されており、桃山時代の遺風をうけた江戸初期の代表的な建造物です。 毎年5月には、和歌祭が行われ、御輿をかついだ男衆が侍坂と呼ばれる人の煩悩の数と同じ108段の階段を勇壮に練り下ります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:9:00~17:00

所在地 〒641-0024 
和歌山県和歌山市和歌浦西2丁目1番20号

電話番号

073-444-0808

交通アクセス

(1)JR和歌山駅・南海和歌山市駅からバスで25分(「権現前」下車すぐ)

(2)阪和自動車道和歌山ICから車で20分(もしくは海南ICから車で15分)

すべての基本情報を見る

紀州東照宮は、関西地域に位置し、紀州東部に位置しています。宮殿は、明治14年(1875)に建てられました。明治5年(1889)に紀州東部に分割された紀州東照宮は、関西地域の宮殿としては初めての分割となりました。

紀州東照宮は、三重県紀州市にあります。紀州東照宮は、文化財においても指定されています。

紀州東照宮は、関西地域に位置し、明治14年(1875)に建てられました。明治5年(1889)に紀州東部に分割された紀州東照宮は、関西地域の宮殿としては初めての分割となりました。

紀州東照宮は、三重県紀州市にあります。紀州東照宮は、文化財においても指定されています。

紀州東照宮は、関西地域に位置し、明治14年(1875)に建てられました。明治5年(1889)に紀州東部に分割された紀州東照宮は、関西地域の宮殿としては初めての分割となりました。

紀州東照宮は、三重県紀州市にあります。紀州東照宮は、文化財においても指定されています。

紀州東照宮は、関

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。