弘川寺


弘川寺の地図情報☜

弘川寺について

葛城山麓にたたずむ役小角が開創したと伝えられる古刹です。西行法師終焉の地として知られ、境内に西行墳や本坊内に西行記念館があります。
「願はくは花のしたにて春死なむ そのきさらぎの望月のころ」と詠んだ平安時代末期の歌人・西行がその歌の通り、桜の季節に生涯を閉じた地として知られています。葛城山の麓にあり、寺の周辺は桜の名所として知られ、天智天皇4年(665)役小角が開創、天平9年(737)行基が修行し、弘仁3年(812)空海が伽藍を一新したと伝えられています。畠山氏の兵火に遭い、一時は焦土と化しましたがその後、復興します。本堂その他の堂舎は再建され、現在に至ります。境内には西行の墳墓や西行堂、本坊の奥には、西行像や西行にまつわる絵画、書、資料などを集めた「西行記念館」があります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:本坊庭園、西行記念館は10:00~17:00、 休日無し ※但し、西行記念館開館期間は春季4/1~5/10、秋季10/20~11/30

所在地 〒585-0022 
大阪府南河内郡河南町弘川43

電話番号

0721-93-2814

交通アクセス

(1)近鉄長野線「富田林駅」より金剛バス?番のりば「河内」行に乗り、終点「河内」下車 約200m

すべての基本情報を見る

聖域寺としては、孔子の「孝」の意味を持つものとされている。孔子は、「孝行と善行を楽しんで、天下を守れ」というメッセージを与えている。

聖域寺は、平安時代に建立されたもので、天下外の人に対しても、善行と孝行を示すために建てられたものとされている。また、聖域寺には、十三層の塔がある。十三層の塔は、毎年1月1日に建立されるとされている。十三層の塔は、天皇の最高位の1つである。

聖域寺には、聖像が多数ある。その中でも、特に愛媛県立博物館の「十三輪の聖域寺」が有名である。十三輪の聖域寺は、平安時代に建立されたもので、天皇に対して、十三つの祝福を行うための聖域となっている。

聖域寺は、愛媛県の中心部にある。愛媛県立博物館の博物館内にある聖域寺では、平安時代に建立されたものの、昭和初期に建て替えられたものである。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。