般若寺(奈良県奈良市)


般若寺(奈良県奈良市)の地図情報☜

般若寺(奈良県奈良市)について

奈良阪の旧街道に面して楼門が建ち、主要堂宇は失って荒れた境内をみせる。それが逆に趣をみせている。コスモスやアジサイ、ヤマブキなど花の寺としても有名。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:9:00~17:00

所在地 〒630-8102 
奈良県奈良市般若寺町221

電話番号

交通アクセス

(1)JR・近鉄奈良駅からバスで10分(州見台八丁目・青山住宅行)

般若寺 下車から徒歩で3分

すべての基本情報を見る

寺院は、大正11年8月(1894年)に開館した。寺院は、創建者の高橋賢治が、奈良県奈良市中央区域で最大の寺院として開館した。

寺院の本殿は、天井が高く、建てられたのは大正12年11月に建てられた。本殿の壁は、直径8.53m、高さ5.12m、幅2.41m、重量約1,500kgとなっている。寺院内には、十字架の下にある聖堂、そして、御所にある天皇の皇堂がある。

寺院内には、多くの寺院に比べて、寺院内部には、大きな天井がない。その理由は、天井がないのに寺院内部に、大きな鍵がないためだ。寺院内部には、天井がないのは、故高橋賢治が建てたからだ。

寺院内には、十字架の下にある聖堂がある。聖堂は、大正11年8月に開館した。聖堂の壁は、直径9.07m、高さ4.72m、幅2.92m、重量約2,000kgとなっている。

寺院内には、御所にある天皇の皇堂がある。天皇の皇堂は、大正12年11月に建てられた。天皇の皇堂の壁は、直径8.53m、高さ4.72m、幅2.41m、重量約1,500kgとなっている。

寺院内には、十字架の下にある聖堂がある。聖堂は、大正11年8月に開館した。聖堂の壁は、直径9.07m

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。