城南宮


城南宮の地図情報☜

城南宮について

平安遷都の際、都の南に国の守護神として創建された古い神社で、方除けの神として信仰を集めている。社殿は平安調に統一された優美な姿をみせる。春の山、平安、室町、桃山、城南離宮の庭と趣向が凝らされた庭園「楽水苑」は、源氏物語花の庭とも呼ばれ、小川に杯を流し和歌を詠み御酒を頂く「曲水の宴」が、毎年春と秋の2回行われ、その優雅な行事は古都の風物詩となっている。春はしだれ梅と椿に彩られ、秋は紅葉が水面に映え、多くの人で賑わう。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒612-8459 
京都府京都市伏見区中島鳥羽離宮町7番地

電話番号

すべての基本情報を見る

宮城南宮は、関西地域にある一番南端の城都で、東京から52km離れている。本都からは、JR三重線、JR京海道本線、JR九州本線、京阪中央線、西東京鉄道線が通っている。また、鹿児島県・鹿児島市からも、バスが運行されている。

宮城南宮は、明治期には、大和国の将軍、宮城政権を持ち、大正時代には、日本国憲法を守るため、軍事上の地位を築いた城都である。また、昭和天皇が、宮城南宮を訪れた際、「世界遺産」に認定された。

宮城南宮には、日本の最古の都市遺跡、宮城県立宮城歴史博物館(明治~大正時代)、宮城県立近代美術館(昭和~昭和41年)がある。また、近代的な建築物、例えば、高田馬場スタジアム、劇場、ギャラリーなどもある。また、宮城南宮には、津波による被害があるといわれる城都美術館「宮城県立津波被災美術館」(2011年11月11日-2012年3月11日)がある。

宮城南宮は、その人気が高い別名、「南宮」とも呼ばれている。この地域は、明治期には、大和国の将軍、宮城政権を持ち、大

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。