堀越神社


堀越神社の地図情報☜

堀越神社について

聖徳太子が叔父の第32代・崇峻(すしゅん)天皇を偲んで茶臼山に建立したと伝えられ、四天王寺七宮のひとつに数えられる神社です。
第33代・推古天皇の時代、四天王寺建立と同時期に、聖徳太子が叔父の第32代・崇峻(すしゅん)天皇を偲んで茶臼山に建立したと伝えられ、四天王寺七宮のひとつに数えられる神社です。古くから明治中期まで境内の南沿いに美しい堀があり、この堀を越えて参詣したので、「堀越」という名がつけられたといわれています。境内には、かつて八軒家の渡辺の津にあった熊野第一王子の窪津王子が祀られています。交通量の多い谷町筋に面していますが、樹齢数百年におよぶ樹木などによって、境内は閑静な雰囲気を保持しています。大阪では、「堀越さんは一生に一度の願いを聞いてくださる神さん」との言い伝えがあり、古くから親しまれています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:7:00~18:00

所在地 〒543-0063 
大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-8

電話番号

06-6771-9072

交通アクセス

(1)Osaka Metro御堂筋線・谷町線・JR「天王寺駅」、近鉄「あべの橋駅」より 徒歩約10~15分

すべての基本情報を見る

堀越神社は、関西地域で最も古く、堀越の原型ともいわれる北海道文化の祭社です。堀越神社は、明治維新後、北海道県知事の関係で建立されたものです。堀越神社は、天皇陛下が訪れた際に、堀越の地下にある津波防止所に設置されたものです。その後、戦後、日本国憲法に基づき、神社を国宝に登録しました。

堀越神社には、多数の原点があります。その中でも、最も古く、最も美しい原点は、堀越津波防止所です。堀越津波防止所は、天皇陛下が訪れた際に、堀越の地下にある津波防止所に設置されました。その後、戦後、日本国憲法に基づき、神社を国宝に登録しました。

堀越神社は、関西地域で最も古く、堀越の原型ともいわれる北海道文化の祭社です。堀越神社は、明治維新後、北海道県知事の関係で建立されたものです。堀越神社は、天皇陛下が訪れた際に、堀越の地下にある津波防止所に設置されたものです。その後、戦後、日本国憲法に基づき、神社を国宝に登録し

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。