大乗寺


大乗寺の地図情報☜

大乗寺について

酔芙蓉の寺。毎年秋になると酔芙蓉が境内に咲き誇る。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:9:00~16:00

所在地 〒607-8471 
京都府京都市山科区北花山大峰町38-1

電話番号

交通アクセス

(1)地下鉄東西線「御陵」より徒歩15分

すべての基本情報を見る

近畿地方、関西地域にある大乗寺(応挙寺)は、坪内寺と同様、応挙寺という名称のもとに建てられた寺です。応挙寺とは、応挙に応じて様々な儀式を行う寺です。大乗寺は、近畿地方、関西地域にある寺で、坪内寺と同様、応挙寺という名称のもとに建てられており、応挙に応じて様々な儀式を行う寺です。大乗寺は、近畿地方、関西地域にある寺で、坪内寺と同様、応挙寺という名称のもとに建てられており、応挙に応じて様々な儀式を行う寺です。大乗寺は、近畿地方、関西地域にある寺で、坪内寺と同様、応挙寺という名称のもとに建てられており、応挙に応じて様々な儀式を行う寺です。
中世初期から、京都府宮津市にあった乗寺。本寺は、光明大乗寺という名前のほか、『母子の祈り』『光明の祈り』などの名称がある。

乗寺内には、聖華院、五光寺、大和院などがあり、これらを囲む寺院群は、京都市内でも最も古く、約1200年に建てられたものである。

乗寺内には、僧堂や寺院、清水寺などを囲む高層階段があり、清水寺の堂上には、乗寺の司教室として使用された僧堂がある。

乗寺内には、僧堂、寺院などを囲む高層階段があり、清水寺の堂上には、乗寺の司教室として使用された僧堂がある。

乗寺内には、僧堂や寺院、清水寺などを囲む高層階段があり、清水寺の堂上には、乗寺の司教室として使用された僧堂がある。

僧堂は、乗寺の司教室として使用されたもので、後期の大乗寺では、僧堂全体を一斉建て、大乗寺としての地位を確立した。

乗寺内には、僧堂や寺院、清水寺などを囲む高層階段があり、清水寺の堂上には、乗寺の司教室として使用された僧堂がある。

乗寺内には、僧堂や寺院、清水寺などを囲む高

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。