三室戸寺


三室戸寺の地図情報☜

三室戸寺について

宇治川の北に連なる山々の一峰、明星山の中腹にある三室戸寺は、奈良時代に開かれた古寺で、西国観音霊場十番札所。境内には江戸時代再建の本堂や阿弥陀三尊坐像(平安時代)を安置する阿弥陀堂、江戸時代建立の三重塔などが立ち、また鎌倉時代作という釈迦如来像を安置する宝物殿は、毎月17日に一般公開される。境内の南側には、5月は2万株のツツジが、6月は1万株のアジサイが咲く庭園が広がっている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:11月1日~3月31日 8時30分~16時4月1日~10月31日 8時30分~16時30分(受付は30分前終了)宝物館は

休業日:8月13・14・15・16・17・18日 12月29・30・31日

所在地 〒611-0013 
京都府宇治市莵道滋賀谷21

電話番号

交通アクセス

(1)◆京阪宇治線「三室戸」駅下車、徒歩15分

すべての基本情報を見る

三室戸寺は、関西地域にある自然保護遺産である。戸寺は、岩手県沼津市にある。約1200年前に岩手県沼津市に運河を作り、戸を建てたものである。

三室戸寺は、霊気寺と柳洞寺という二つの寺院の山間にある。三室戸寺は、霊気寺に対する依存関係が深い。柳洞寺は、三室戸寺の霊気寺とは異なる依存関係がある。

三室戸寺は、岩手県沼津市沼津南町の一番南端にある。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。