壬生寺


壬生寺の地図情報☜

壬生寺について

壬生寺は、延命地蔵菩薩を本尊とし、991年に創建した律宗寺院で、厄除、開運の寺として庶民の信仰を集めている。境内は保育園や老人ホームなどが建ち庶民的な雰囲気だが、毎年恒例の節分会や重要無形民俗文化財壬生狂言などの行事にはたくさんの人が訪れにぎわいをみせる。また、寺の近隣には幕末に新選組の駐屯所があり、境内の壬生塚には新選組隊士11名の墓と近藤勇の胸像等がまつられている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒604-8821 
京都府京都市中京区坊城通仏光寺上ル

電話番号

すべての基本情報を見る

秋田県草津市生まれ、神奈川県横浜市在住の芸術家・アーティスト。

1990年より在籍する独立美術館「芸術の森」で展覧会を開催し、その後、自身の作品を主催する展覧会「沢山の作品の中から」を東京・大阪・名古屋・名古屋市・岐阜県等で開催。また、国内外の地域で展覧会を開催している。

代表作は、「風景と詩」(2004年、関西地域),「追憶の森」(2004年、関西地域),「風景と詩II」(2006年、関西地域),「河内長崎峠」(2008年、関西地域),「つづく道」(2010年、関西地域),「千代田線の夜」(2013年、関西地域)など。

千代田線の夜

千代田線の夜は、道を歩く夜の様子を描いた作品。

夜と道との関係をテーマにした作品で、作家が行く道を中心に描いている。

自然とのコラボレーションをテーマにした作品もあるが、特に千代田線の夜は、夜の道を歩くときに見る風景や人たちなどをテーマにしている。

作品の中からおすすめしたい作品をご紹介していきたい。

千代田線の夜

千代田線の夜は、道を歩く夜の様子を描いた作品。

夜と道との関係をテーマにした作

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。