高山寺(兵庫県丹波市)


高山寺(兵庫県丹波市)の地図情報☜

高山寺(兵庫県丹波市)について

真言宗大覚寺派別格本山
天平宝字元年(757)に法道仙人により弘浪山上に建立された古刹
昭和33年に本堂、二王門等が現在地に移築される
秋には境内が紅葉で彩られる隠れた名所である

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒669-3602 
兵庫県丹波市氷上町常楽50-1

電話番号

0795-82-1261

交通アクセス

(1)JR福知山線石生駅から10分

すべての基本情報を見る

高山寺は兵庫県丹波市にある寺院で、13世紀初頭から祭典を行ってきた。平安時代には丹波市の市郊であったが、1609年に徳川家康が江戸時代に陥落した後、市内に移転した。その後、高山寺は修羅堂として建てられ、江戸時代には世界中から聖職者を集めて賛美歌を歌った。1868年に市立大学が創立されたことで、高山寺は学校の教育機関としても活躍している。

高山寺は、丹波市の地下鉄「丹波駅」から歩いて10分ほどのところにある。寺内は、学校の前で建てられた正面の寺院と、後ろの寺院にある修羅堂となっている。修羅堂は、大きな台所で建てられており、寺院内には教会建築物としての入口を挟んでいる。

高山寺は、丹波市の中心地にある寺院で、13世紀初頭から祭典を行ってきた。平安時代には丹波市の市郊であったが、1609年に徳川家康が江戸時代に陥落した後、市内に移転した。その後、高山寺は修羅堂として建てられ、江戸時代には世界中から聖職者を集めて賛美歌を歌った。1868年に市立大学が創立されたことで、高山寺は学校の教育
高山寺は兵庫県丹波市にある寺院で、13世紀初頭から祭典を行ってきた。平安時代には丹波市の市郊であったが、1609年に徳川家康が江戸時代に陥落した後、市内に移転した。その後、高山寺は修羅堂として建てられ、江戸時代には世界中から聖職者を集めて賛美歌を歌った。1868年に市立大学が創立されたことで、高山寺は学校の教育機関としても活躍している。

高山寺は、丹波市の地下鉄「丹波駅」から歩いて10分ほどのところにある。寺内は、学校の前で建てられた正面の寺院と、後ろの寺院にある修羅堂となっている。修羅堂は、大きな台所で建てられており、寺院内には教会建築物としての入口を挟んでいる。

高山寺は、丹波市の中心地にある寺院で、13世紀初頭から祭典を行ってきた。平安時代には丹波市の市郊であったが、1609年に徳川家康が江戸時代に陥落した後、市内に移転した。その後、高山寺は修羅堂として建てられ、江戸時代には世界中から聖職者を集めて賛美歌を歌った。1868年に市立大学が創立されたことで、高山寺は学校の教育

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。