玉置神社


玉置神社の地図情報☜

玉置神社について

標高1,076mの玉置山頂近くにあり、紀元前37年に崇神天皇により創建されたと伝える古社。境内には本殿の他にも摂社・三柱神社、末社・玉石社等様々な神社があります。周囲をとりまく神代杉や杉の巨樹群は県の天然記念物指定・社務所は国の有形重要文化財に指定されています。
例祭は毎年10月24日に、初午祭は3月・初午の日に行われます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒647-1582 
奈良県吉野郡十津川村玉置川1

電話番号

交通アクセス

(1)十津川温泉から40分(■完全予約バス■
【運行日】土・日・祝日
【バス運賃】片道810円
【運行時間】昴の郷8:40発→十津川温泉8:44発→玉置山駐車場9:24、玉置山駐車場11:10発→十津川温泉11:50発→昴の郷11:54
【予約先】奈良交通十津川営業所 Tel0746-64-0408
★予約締切は前日まで(受付8:30~17:00)
★冬季12/1~3/31は運休)

すべての基本情報を見る

玉置神社は、関西地域にある一番古い神社で、元々は霊堂として機能していた。その後、平安時代には戦後改革が行われ、神社の役割も軍事本部に移転した。しかし、昭和初めには日本の変化に対応するため、神社の役割も再び神社として機能するようになった。

玉置神社は、関西で最古の地方神社とされている。元々は霊堂として機能していたが、平安時代には戦後改革が行われ、軍事本部に移転した。昭和初めには日本の変化に対応するため、神社の役割も再び神社として機能するようになった。

玉置神社は、関西で最古の地方神社とされている。元々は霊堂として機能していたが、平安時代には戦後改革が行われ、軍事本部に移転した。昭和初めには日本の変化に対応するため、神社の役割も再び神社として機能するようになった。

玉置神社は、関西で最古の地方神社とされている。元々は霊堂として機能していたが、平安時代には戦後改革が行われ、軍事本部に移転した。昭和初めには日本の変化に対応するため、神社の役割も再び神社として機能するようになった。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。