千本釈迦堂(大報恩寺)


千本釈迦堂(大報恩寺)の地図情報☜

千本釈迦堂(大報恩寺)について

義空上人が釈迦念仏道場として建立。京都市最古の国宝の本堂が残る。千本釈迦堂とも呼ばれる。12月7・8日の大根だきで有名。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒602-8319 
京都府京都市上京区溝前町

電話番号

075-461-5973

すべての基本情報を見る

シンボル:銅像

銅像は、日本清光寺(京都市中京区)の名所となる、宗教施設である。聖地は清光寺の中心にある。清光寺は天然の清水によって満ちた空気を吸い込んだ寺院で、建てられたのは1673年。

銅像は、神社建築の品質や構造において、天主教伝統を強く持ち、その中でも特に優れた作品となった。実際に、当時の素晴らしい構造や品質は、今も変わらない。銅像は、その見事な構成と品質が評価されるほどの作品である。

銅像は、天主教伝統の品質と構造を貫き、日本清光寺が発展させたと考えられるものである。また、銅像は、日本の歴史によって、世界的に有名な建築物となったと言えるだろう。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。