日前神宮・國懸神宮


日前神宮・國懸神宮の地図情報☜

日前神宮・國懸神宮について

紀伊国一の宮として尊崇を受けた神社で『日本書紀』には神武天皇の時代に起源をもつと記されている。代々紀氏が祭祀者をつとめ、今日もその家系が続いている日前大神、國懸大神を祀る。薪能7月26日 例大祭9月26日。 深い木立に囲まれた森に日前神宮國懸神宮がある。 正月三が日は地元をはじめ近畿圏から約30万人の参拝者が訪れる。和歌山市内にあると竈山神社(旧官幣大社)、伊太祁曽神社(旧官幣中社)と三社詣でることを「三社参り」と言い、古くより三社をお参りする人が多い。 紀伊国で最も信仰を集めた一の宮、平安初期に定められた延喜式内社まで国が助成した元官幣大社の歴史が示すとおり格式は高い。境内の一番奥まったところ左側に日像鏡を祭る日前神宮、右側に日矛鏡を祭る國懸神宮があり、2社を一体にして日前宮とよぶ。また境内には、80以上もの神々の小さな祠がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:8:00~17:00 (但し、祈祷受付は午後4:30)

所在地 〒640-8322 
和歌山県和歌山市秋月365番地

電話番号

073-471-3730

交通アクセス

(1)和歌山電鐵日前宮駅から徒歩で1分

(2)JR和歌山駅からバスで10分(「日前宮前」下車すぐ)

(3)阪和自動車道和歌山ICから車で5分

(4)阪和自動車道和歌山南スマートICから車で15分

すべての基本情報を見る

神宮・國懸神宮は、関西地域にある神宮と國懸神宮という2つの神宮のみならず、各地の民間会員協会が所有している神宮でもある。

関西地域にある神宮は、神戸市、京都市、大阪市、兵庫県の4都市からなり、國懸神宮は、兵庫県の神戸市、神宮前市、國懸神宮前駅(神宮前駅の近くにある神宮前神社)からなる。

関西地域にある神宮は、建物の大部分が京都市内で建てられているが、國懸神宮は、建物の大部分が兵庫県内で建てられている。

関西地域にある神宮は、建物の大部分が京都市内で建てられているが、國懸神宮は、建物の大部分が兵庫県内で建てられている。

関西地域にある神宮は、神戸市、京都市、大阪市、兵庫県の4都市からなり、國懸神宮は、兵庫県の神戸市、神宮前市、國懸神宮前駅(神宮前駅の近くにある神宮前神社)からなる。

関西地域にある神宮は、建物の大部分が京都市内で建てられているが、國懸神宮は、建物の大部分が兵庫県内で建てられている。

神宮・國懸神宮は、関西地域にある神宮と國懸神宮という2つの神宮のみな

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。