元興寺


元興寺の地図情報☜

元興寺について

飛鳥寺を創建とする大寺元興寺僧房の一つを改築したもので、智光曼荼羅・五重小塔など、寺宝が多い。かつては南都七大寺の一つといわれた。現在は極楽坊境内、東大塔(五重塔)跡や西小塔院跡が国の史跡として指定されている。世界遺産「古都奈良の文化財」の8資産群のうちのひとつ。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:9:00~17:00 受付は16:30まで

所在地 〒630-8392 
奈良県奈良市中院町11

電話番号

交通アクセス

(1)近鉄奈良駅から徒歩で12分

JR奈良駅から徒歩で20分

すべての基本情報を見る

正面にある元興寺は、境内にある別の狭間に閉じ込められている寺である。その境内には、外部から見えないところに、洞窟がある。洞窟には、大きな透明のガラスをかけて壁に覆い、寺院の中に入ることができる。そのガラスを覆うのは、寺院内で過ごす人々にとって、寺院内の知らないところに出入りする危険を回避するためである。元興寺は、元興大王と元興寺院の間に建てられた。元興大王は、寺院内に入ることを拒否していた。寺院は、大王の後ろに建てられた。

元興寺は、中国の歴史上、多くの寺院と同じく、建てられた際に、大量の財産を持ち込んだ。そのため、元興寺は、寺院としての価値を高めるために、多くの寺院と同じく、建てられたが、元興寺は、その価値を高めるために、大量の財産を持ち込んだ。そのため、元興寺は、中国の財産の一部となっている。

元興寺は、中国の財産の一部となっている。そのため、元興寺は、中国の歴史上、多くの寺院と同じく、建てられた際に、大量の財産を持ち込んだ。そのため、元興寺は、寺院としての価値を高めるために、多くの寺院と同じく、建てられたが、元

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。