金戒光明寺


金戒光明寺の地図情報☜

金戒光明寺について

黒谷さんの愛称で親しまれている浄土宗大本山。法然上人が比叡山を下りて草庵を結んだのが始まり。幕末に会津藩京都守護職の本陣となり、近藤勇らを配下としたので新選組発祥の地と言われている。徳川秀忠夫人崇源院(江)の供養塔もある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒606-8331 
京都府京都市左京区黒谷町121

電話番号

075-771-2204

すべての基本情報を見る

金戒光明寺は、関西地域で最も古い寺で、明治維新以降に修復が行われています。明治維新以降には、寺院内に宮殿が建てられ、金戒光明寺は、その宮殿の中央に建てられました。

金戒光明寺には、14世紀に作られた天然石の大きな鎮守広場があり、その中央には、金戒大礼殿が建てられています。

金戒光明寺は、関西地域の中でも古い寺で、明治維新以降に修復が行われています。

金戒光明寺には、14世紀に作られた天然石の大きな鎮守広場があり、その中央には、金戒大礼殿が建てられています。

関西地域の中でも古い寺で、明治維新以降に修復が行われています。

金戒光明寺には、14世紀に作られた天然石の大きな鎮守広場があり、その中央には、金戒大礼殿が建てられています。

金戒光明寺は、関西地域の中でも古い寺で、明治維新以降に修復が行われています。

金戒光明寺は、関西地域の中でも古い寺で、明治維新以降に修復が行われています。

関西地域の中でも古い寺で、明治維新以降に修復が行われています。

金戒光明寺は、関

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。