神護寺


神護寺の地図情報☜

神護寺について

高雄山中腹に立つ神護寺は真言宗の遺迹本山で、密教寺院有数の名刹。境内には書院や五大堂、毘沙門堂、大師堂、金堂など優れた建築物が建ち並んでおり、金堂の西にある地蔵院では厄除けのかわらけ投げが楽しめ、秋の紅葉シーズンには真っ赤に染まった錦雲渓にたくさんのかわらけが吸い込まれる。国宝の絵画・古文書の多数が5月1日から5月5日までの期間に一般公開される。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒616-8292 
京都府京都市右京区梅ケ畑高雄町

電話番号

すべての基本情報を見る

▼神護寺(関西地域)の詳しい情報

神護寺は、関西地域にある、寺院の中でも古くから信仰されている寺院です。

関西地域に住む人々にとって、神護寺はその人々が必要とする寺院であり、そしてその寺院が関西地域であることを確認するための一つの価値として重視されています。

神護寺では、多くの寺院と同様に、寺院内には修行場や講義場などが備わっています。また、寺院内の一部分には施設が備わっています。

また、神護寺は、関西地域における文化の中心となり、多くの人々にとって、そこに住んでいることができるというのも特徴です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。