大聖勝軍寺


大聖勝軍寺の地図情報☜

大聖勝軍寺について

JR関西線八尾駅から南西方向へ歩いて5~6分、国道25号線に面した市街地の中にある寺。かって渋川の阿刀と呼ばれたこの地には、仏教の導入に反対したと伝えられる物部守屋の邸があり、仏教を広めようとする聖徳太子と物部守屋が戦った場所とされる。太子は信貴山の毘沙門天に祈願し、四天王を祀ったところ、その加護により戦勝を得ることができたので、難波の高台に日本仏教最初の寺・四天王寺を建立し、ここ渋川に勝軍寺を創建したという。本堂の太子殿には自身16歳のころの植髪の太子像と、弓矢を持つ四天王像が祀られている。境内には、物部守屋の首を洗ったという守屋池や馬蹄石、付近には、鏑矢塚、弓代塚、物部守屋の墓などもたたずむ。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:6:00~18:00

所在地 〒581-0063 
大阪府八尾市太子堂3-3-16

電話番号

072-922-3000

交通アクセス

(1)JR「八尾駅」より徒歩15分、JR「八尾駅」下車 藤井寺行きバスで「太子堂」降車 国道25号線を西へ200m

すべての基本情報を見る

The Kannon-Dai-Goshi Temple is located in the Kanto region of Japan. The temple was founded in 1619 by a priest named Shinobu Toyoda. The temple is dedicated to the Kannon Bodhisattva, a figure who is often depicted with a discus and a bell. The temple is also home to a large copy of the Daibutsu statue, which is the largest bronze statue in the world.

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。