大通寺(滋賀県長浜市)


大通寺(滋賀県長浜市)の地図情報☜

大通寺(滋賀県長浜市)について

大通寺は真宗大谷派(東本願寺)の別院で、正式には無礙智山(むげちざん)大通寺といいますが、一般的には「長浜御坊」や「ごぼうさん」の名で親しまれています。 総欅造りの山門をくぐると、そこは桃山文化の世界。 本堂や大広間は、伏見城の遺構と伝わる重要文化財で、絢爛豪華な桃山文化を随所に垣間見られます。 また、脇門は長浜城の大手門を移築するなど建造物の多くが文化財に指定されています。客室の含山軒・蘭亭の障壁は、狩野山楽・山雪、円山応挙によって描かれ、その庭園は国の名勝に指定されています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業時間:10:00~16:00

定休日:年末年始

所在地 〒526-0059 
滋賀県長浜市元浜町32-9

電話番号

0749-62-0054

交通アクセス

(1)[公共交通]JR琵琶湖線「長浜駅」下車 徒歩15分 [自動車]北陸自動車道長浜ICより15分 [駐車場]15台

すべての基本情報を見る

・通寺の内覧

通寺は、滋賀県長浜市にある洗濯物処理場である。洗濯物処理場の最寄りの通寺である。

通寺内は、洗濯物処理場内の浴室、露天風呂、和室、持ち込み個室、雑貨屋があり、滋賀県長浜市でも非常に人気の通寺である。

・通寺の構成

通寺は、明治天皇が建てたとされる伝説の寺院である。寺院は、八重洲洞(はぐくみぞ)の地下へと建てられた。

通寺内には、三十数坪の豪華な室内にて、天皇が敬礼するように設営されている。

通寺内には、天皇の墓があり、その墓の一部が見つかっている。

通寺内には、天皇の聖堂があり、火の寺院として有名である。

・通寺の価値

通寺は、滋賀県長浜市でも非常に人気の通寺である。通寺は、明治天皇が建てたとされる伝説の寺院である。寺院は、八重洲洞(はぐくみぞ)の地下へと建てられた。通寺内には、天皇が敬礼するように設営されている。通寺内には、天皇の墓があり、その墓の一部が見つかっている。通寺内には、天皇の聖堂があり、火の寺院として有名である

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。