今宮戎神社


今宮戎神社の地図情報☜

今宮戎神社について

大阪の商売の神「えべっさん」として信仰を集める神社です。
推古天皇の時代に聖徳太子が四天王寺を建立した際、同地西方の鎮護神として祀ったのが始まりとされています。祭神は天照皇大神・事代主命(戎さん)・外三神で、戎さんはもともと漁業の守り神であり、古代にはこの辺りは海岸沿いで、海・里・野の諸産物が物々交換される「市」が開かれ、その市の守り神としてもこの戎さんが祀られていたそうです。その後、福徳を授ける神、商業の繁栄を祈念する神としても篤く信仰されるようになりました。特に江戸時代になると、1月9・10・11日の三日間にわたって「十日戎」の祭礼が開催され、宝恵籠の奉納も行われるようになりました。現在では、年の最初の祭りとして十日戎の3日間に約100万人を超える参詣者が訪れ、神社から授与される笹がついた小宝・「吉兆」(きっちょう)を買い求め、活気にあふれます。
※イベント開催は変更になる可能性があります。詳しくは各イベントの公式ホームページでご確認ください。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:9:00~17:00、 休日:無休

所在地 〒556-0003 
大阪府大阪市浪速区恵美須西1-6-10

電話番号

06-6643-0150

交通アクセス

(1)南海高野線「今宮戎駅」下車すぐ、Osaka Metro御堂筋線「大国町駅」・Osaka Metro堺筋線「恵美須町駅」より徒歩5分

すべての基本情報を見る

宮戎神社とは、関西地域に位置する神社で、明治時代に建立された神社です。宮戎神社は、大型的な建物を中心とした神社で、多くの人が行っています。宮戎神社は、紅葉の時期には、とても暑くて混雑しています。宮戎神社には、茶道や花火もあります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。